中古車 諸経費

諸経費と込み込み価格の登場

中古車を購入する際に一番気になるのは実は諸費用かもしれません。

 

業者の印象が決まるからです。

 

明らかに法定費用などと見積もりに書いてあるのですが、法定の意味が不明な場合も多いのです。

 

実際、名義変更は陸運局に行けば印紙代3000円程度なのですが、名義変更法定費用なんて見積もりに38000円なんてある場合は意味不明どころか、諸費用で利益を上げようとしてるとしか思えません。

 

確かに普通のサラリーマンが平日に休みを取って陸運局に行くのも大変な事です。

 

たまたま休みが合えばよいとしても、会社にそんな理由で休みを貰うことも出来ないでしょう。

 

それでも、陸運局のホームページでは実は事細かに説明しています。

 

年間の税金は幾らかかるのか、名義変更はどうするのか等、ネットで調べると幾らでも情報があります。

 

地方の場合でも近くに陸運支局が無くても、地元の自動車協会等が手数料数百円で代行してくれている場合もあります。

 

車庫証明って自分で直接警察に行って取ると殆どの地域で3000円以下で取得できます。

 

中古車販売店は車庫証明専門の代行業者に依頼するので15000円とか法外な値段になってしまうのです。

 

 

最近は分かりにくい諸経費の部分を最初から提示している販売店も出てきました。

 

中古車のフロントガラスにすでに諸経費を含んだ価格で販売価格を提示しているのです。

 

お客にとってみれば、30万の中古車が実は最終的に50万だったなんて、余り気持ちの良いものではありません。

 

そんなユーザーの声をくんだ販売方法と言えます。

 

 

 

自分で出来る事と業者に任せること

中古車購入の際に、自分で出来る事も沢山あります。

 

例えば車庫証明の取得は警察の窓口でちゃんと教えてくれますので、女性でも簡単に取れます。

 

車検切れの自動車をユーザー車検までする人は稀だと思いますが、出来ない訳ではありません。

 

自賠責保険をかけて、自治体の仮ナンバーを借りてユーザー車検にもって行き自分で車検を取る事もできます。

 

中古車販売店はあくまでも中古自動車の販売であって、付随する諸費用は強制ではありません。

 

しかし、余程の知識や道具が揃ってない限り、整備は業者に任せた方が良いと思います。かなり高度な趣味として自動車をいじっている人やプロの整備士以外は殆ど出来る事はありません。

 

まして、中古車なので購入前にしっかりと点検整備してもらう方が安心します。

 

結局、整備してもらうのであれば車検もお願いした方が良いと思うのが普通です。

 

中古車販売業者も、色々な諸費用からも利益が出ています。それを減らされるのは正直売上げとして辛いでしょうから、うまく話し合って折り合いをつけ、少なくともその中古車に乗ってる間はお付き合いするつもりで交渉するのをお勧めします。

 

1円でも安くしたいのは消費者の思いではありますが、業者も売上げで給料を貰い家族を養っているのです。

 

何より中古車販売業者も人間の集団です。

 

その人間性に安心できるなら末永く付き合うことも可能です。

 

逆に人間性を感じないのなら付き合うべきではありません。

 

要は人間のやることなのですから見る目をしっかり慎重に考えて対応するべきです。

 

 

 

悪徳業者の存在と手口

どこの世界にも悪い事をして利益を上げようとする人間は存在します。

 

それはうまくやれば稼げると考えたり、バレなければ大丈夫と言った心理から来ます。

 

中には追い詰められて悪い事に手を染めるしかないと思いつめた末、結果的に悪事を働いている場合もあります。

 

結果は同じです。

 

後ろめたい事は長く続きませんし、お客が不審に思えば情報は広がってしまうのです。

 

ニュースなどでもたまに報道されるのは、中古車の価値を上げる為にメーターを巻き戻して販売していた業者の存在です。

 

現在はメーターは簡単に巻き戻りませんし電子制御も多いのですが、悪い事には上手がおり、闇でメーター変更の情報がやり取りされています。

 

まあ、何とも単純な手口ではありますが、整備手帳まで改変したりする猛者も居ると聞いた事があります。

 

諸費用と称して説明できないような内容の費用を請求している業者は多いと思います。

 

私は過去の経験で自動車ではなくバイクでしたが、ナンバー取得費用を販売店から3万円取られた経験があります。

 

不思議なのは中古の原付だったので書類は販売店が作りましたが、実際に自治体に申請したのは私の親だったのです。

 

遠隔地だったのと私が住所変更をしていなかったので、登録している自治体からナンバープレートもらう必要がありました。

 

書類を準備しただけの販売店は3万円の請求をしてきました。

 

自分で払うなら交渉したでしょうが、通学用の原付だったため親が支払ってくれました。

 

なので私も疑問を持ちつつそのままにした記憶があります。